カスタムは構想を練ってから 自分の理想のハーレーにするポイント

カスタムはイメージ

パーツだけを見てかっこいいからとカスタムに採用してしまうと、ハーレーを全体的に見た時にまとまりがないデザインになってしまうことがあります。まずは気に入らない部分や変えたい部分がどこなのかよく考えて、構想を練っていくことが大事です。

ツーリングやスポーツスターなどファミリー別にある個性に合っていないパーツを使えば、その部分だけ違和感が残ることになりかねません。プロにアドバイスをもらうととても簡単ですが、自分の頑張りだけでできる限り理想を実現して行きたいのであれば、仕上がりを十分に想像しましょう。

初心者がカスタムを自分でやりやすいのは、ミラーやライトにウインカーの部分です。これらのライトカスタムで要領を覚えていけば、ハーレーのほかの部分にも安心して着手できるでしょう。

エンジンなど駆動系のカスタムを自分で手掛けたいという場合には、かなり知識をつける必要があります。安全性にもかかわってくるためで、少しでも機械に詳しくなっておくことが自分で頑張ってカスタムするためには必要です。設備も充実させなければいけないので、情報収集を行うとともに経験者から失敗談や揃えておくといい工具を聞いて集めておきましょう。

>