エンジンガードは安全とデザイン性の両立が必須条件

エンジンガード

エンジンガードはバイクが転倒した際にエンジンを含む車体の損傷やライダーの怪我を防ぐ効果があります。エンジンガードがつっかえ棒になり、車体が地面と接するのを防ぐためです。
特にハーレーのエンジンガードは大型の車体を支えるために頑丈な作りになっています。

武骨なデザインはハーレーの重厚な車体を象徴するものですが、カスタマイズの際はシャープな質感を持つパーツが好まれる傾向があります。本来の役割である転倒時の破損や怪我の防止よりも、見た目の美しさを優先する向きがあるのが主な理由です。
しかし、極端に細いエンジンガードではライダーの安全を確保できません。カスタムでエンジンガードを交換する際はデザインと安全の両方に優れているパーツを選ぶことが大切です。

安全とデザイン

各地域にカスタム用のパーツを専門に扱うショップも多数営業しているので、美しいデザインでありながら安全性にも優れているエンジンガードを選ぶことができます。

カスタムパーツの交換は着脱をしっかりと行い、走行中に脱落することが無いように慎重な作業を行うことが大切です。エンジンガードについても、せっかく良質なパーツを選んだとしても走行中に外れてしまうと非常に危険な目に遭います。カスタマイズに慣れていない人は工賃を支払ってでも、専門業者にパーツ交換を任せるのが賢明です。

愛車を美しく仕上げるだけではなく、安全の確保にも細心の注意を払うのがハーレー乗りの責務になります。

>