ドイツでもアメリカンなハーレーは人気

ドイツでも人気

以外にも有名パーツメーカーが多いドイツ。ハーレーは1903年にアメリカ合衆国のウィスコンシン州ミルウォーキーに設立されたバイクメーカーです。このバイクメーカーの特徴はトルク重視の大排気量空冷V型のツインエンジンの生み出す独特の音や鼓動感やゆったりした乗車姿勢などでとてもクールな印象があります。アメリカらしいハーレーのバイクの独特なスタイルは日本にも強い影響をもたらしたのです。ではこのハーレーはドイツではどうなのでしょうか。

この点については、ハーレーのバイクはドイツでも支持者によって乗られ、バイク保有台数でみると7位となっているデータなどもあり、人気があると考えられます。この国はヨーロッパでは2番目にバイク保有台数が多い国といわれています。そのようなドイツですが、世界でも人気の高いバイクメーカーなどもバイクを作っています。この国で一番多く乗られているバイクブランドとしてはBMWが挙げられ、そのシェアは全体の約18%といわれ、最も高くなっています。ハーレーのバイクは第7位で約6.5%のシェアを持っています。また、日本のバイクメーカーのバイクのシェアも高くなっており、ハーレーのバイクは現地でもアメリカンなバイクとして人気があるのです。

>