本場アメリカのカスタム技術

カスタムが仕事

ハーレーのカスタマイズは世界的に広まっている趣味の一つです。

日本でもカスタマイズを手掛けるハーレー愛好家は少なくありませんが、本場であるアメリカのカスタム技術は他の国と比べると群を抜いています。

ハーレー発祥の地であるアメリカではカスタマイズは趣味の範疇を超え、一つの職業として確立しているほどです。カスタムビルダーと称される人は顧客からの依頼でハーレーのカスタマイズの一切を引き受けることを生業としています。フォルムに適したカスタマイズの提案からパーツの自作までを手掛けるので、イメージ通りの一台に仕上がるのが大きな特徴です。

本場だけあってパーツや工具の調達が容易であることも日本と比べて有利な点です。

アメリカのカスタム技術が優れているのはハーレーが生活に密着しているバイクである点も挙げられます。ハーレーはアメリカ大陸の広大な荒野を疾走する目的で作られた車両です。ガソリンスタンドも無ければ携帯電話の電波も届かない荒野で立ち往生するのは文字通り、命に関わります。
万が一の事態に陥らないように車両の性能を最大限まで引き出し、安全性も確保するためのカスタム技術向上は必然でした。実用性を重視したカスタム技術はやがて個性の演出を目的としたものに転化し、他の追随を許さないほどの高度なものになりました。

現在に至るまでアメリカのカスタム技術は高く評価されていますが、これはハーレーが単なる嗜好品ではなく、アメリカ人の生活に欠かせない物であるためです。

>